ワイルドベタ日記

ワイルドベタのベタsp“ターコイズドラゴン”(タンジュンセロール産)とデニスヨンギー(ムラボー産)の飼育日記です。

僕のターコイズドラゴンの育成

まったく大雑把な僕ですので適当に育ててます。


水槽


45cm水槽か60cm水槽が適しています。


僕は
テトラ グラスアクアリウム GA−60T アクアブルー60×30×40cmを使用し水面からの高さをジャンプして飛び出さないように10cmは維持してます。


水合わせの時飛び出されて大変な思いしたから・・・



水(ブラックウォーター)


それを容易に再現するには、塩素を中和した水道水10リットルに
アルダーシードを2~3粒入れて、コハク色に色づいた水を飼育水として用いてくださいと言われています。


ワイルドベタは全般的に弱酸性の軟水を好むらしいけれど僕はPHは測定してません。
一般的にPHは6.5~8.0あたりが良いようですがベタも環境に慣れてくるようで適応していくようです。


我流ですが
バケツに水道水を汲み置きしフォーチュンで買ったオリジナル アルダーシード(20粒入り)998円(税込) を1~3粒放り込み置き水が少し色づいたらアルダーシードを取り出し乾かして次回に使用にします。
夏場は水が温かくなるからか早く色が出ます。
冬場は3日ぐらいかな?
アルダーシードはたぶん"やしゃぶしの実"のことだと思います。
たまにアーモンドの枯葉で置き水にしたりもしてます。


色づき過ぎると魚を鑑賞するには暗くて見にくくなります。(経験済み(笑))
僕は1個いれて3~7日置き水にしてアルダーシードを取り出して乾燥させ再度使用してます。置き水はうっすらと色づいている程度です。


置き水が出来なかったときはテトラ パーフェクトウォーター(水換えの際、水道水の塩素(カルキ)をすみやかに中和し、魚の表皮やエラを保護する作用)を適量入れ、スーマ(ベタのヒレの保護や回復)も適量より少なめに入れています。


アーモンドの枯葉を使うときは気を付けましょう。葉の筋の部分が水槽に入れば、たまに口に吸いこんで死ぬこともあります。(経験済み)


水温
25~28℃ということです。
僕は25~26℃設定ですが夏場ヒーター切って31℃の水温でした。
どうなるのかと思いましたが乗り切ってくれました。
ほんとにええ加減な管理です。
最低生存温度は18℃らしい。


エサ
飼い始めたときエサ食いが悪く1週間食べてくれなかったのでフォーチューンのエサを購入していました。慣れたのがいいと思って。でも、腹が減ったら食い始めました。
冷凍赤虫も亡くなったオスは見向きもしなかったのに数か月で食べてくれるようになりました。


オリジナルフード(フォーチューンで購入)
ジャイアントヒーロー(フォーチューンで購入)


冷凍赤虫
冷凍ミジンコ
冷凍ブラインシュリンプ
冷凍ワムシ



ベタ用シェルター


GEX丸土管小をいれてますが適当な鉢でも良さそう。
絡み合うときも、オスが咥卵したときも入ってます。
安心するのだと思います。


ソウルを入れて水草も入れるなら僕は管理できないので植えてませんが、あってもいいと思います。
僕は管理がうまくできないのでソウルを入れず水草は重しのまま放り込んであります。掃除が楽なので。



フィルターは無使用



エアーも無使用



同居についてはエビは高級な生き餌になります。
我が家ではヌマエビ投入後2日でいなくなりました。シェルターも置いていたけど無駄でした。
コリドラスやオトシンクルスや貝は同居してます。


子供を初めは10匹、60×30×15cmに同居させ、今はオス4匹を20×30×15cmに同居させていますが喧嘩というか威嚇しあったり追いかけあったりはしてますがショーベタの喧嘩ようにはなっていません。
広ければ問題ないようです。


咥卵すると10~20日程度エサを食べませんので腹減ったら食べに来るぐらいの気持ちでいいようです。


亡くなったオスは咥卵すると目の前にエサを落としても見向きもしなかったのですが咥卵の時に食い気に走って食卵するベタが多いようです。
だからヤフオクにも出てくるのが少ないのかと思います。


ターコイズドラゴンは吐き出した稚魚は大きいほうなのですが、うまくそのタイミングでエサが当たると育つ数が多いようです。



以上ズボラで適当な飼育方法でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。