ワイルドベタ日記

ワイルドベタのベタsp“ターコイズドラゴン”(タンジュンセロール産)の飼育日記です。

ターコイズドラゴンの飛び出したのは

7月5日 雨のため気温は上がらず気温水温とも27度内でおさまっています。


昨日飛び出したターコイズドラゴンのF1のメスは痛々しい限りです。


昨日よりもすべてのヒレが裂けたり短くなったりして白くなってます。


泳ぎはぎこちないけれど元気さは昨日よりありそうで動いています。


エサは食いつくところまでいきません。


生き延びてくれればいいと願っています。


治療のため隔離した方がいいかもしれないけれど、


仲間がいる方がエサを食べれるようになるかもと思っています。



ラミレジィははるきさんのブログで産卵サイズなのだと知り


まだまだ小さいとターコイズの飼育者としてはサイズが分からなくなっていました。


一応ラミレジィのホテルとしてココナッツシェルターをベアタンクにポンと置いただけ


石を下に置こうと探してみたけれどなかった。


ラミレジィが気に入らなそうなら石を探して下に引こうと


先に探しておきます。


写真撮り忘れました。



ターコイズドラゴンの咥卵したF1は今日エサに食らいついてきた。


しかし、いくら探しても稚児は見当たらない。


吐出しの日にちを誤り手荒く掃除をしたためだろうね。


可哀そうに、稚児が食べられるようにしておいたのだが・・・・



ここには載せられないぐらい写真を拡大したら稚児の形のようなのがあった。


様子見しよう。



デニスヨンギーの新水槽にはエビ以外は生存確認しました。


やはり5匹しか咥卵しないのかなあ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。