ワイルドベタ日記

ワイルドベタのベタsp“ターコイズドラゴン”(タンジュンセロール産)の飼育日記です。

ベタsp“ターコイズドラゴン”の飼育経験情報

皆様おはようございます。


またまた出品再開し始めますが


我が家の今までの個体は


6月産まれがほぼ飛び出しの★にしてしまい残った2ペアは伊勢と大阪へ


繁殖個体になっている様子です。


ブログ仲間でもありアクアリュウムの関係全般教えて頂いたり相談させてもらったりの


はるきさんの水槽にも泳いでいたのですが


ブログを見て頂ければいいのですが



メスが飛び出したようです。


よくあることで細心の注意をしていてもふっとして


隙間をふさぐのを忘れたり、こんな狭い隙間から飛び出るのと言うことがよくあります。


最近東京の方に、まだ稚魚なので飛び出すことはないけれど、


このブログを見て頂ければこんなことがあるとわかってもらえるかなと思い


初めて出荷した方にお教えしました。


見てますよと言って落札してくださった人もいて嬉しいです。


何かあったらこちらのできることはさせて頂こうとは思います。


伊勢の方は自分の子が産まれたのでベタどころの話ではありません(笑)


9月生まれの子たちは


ペアで滋賀・大阪・宮城と行きました。


このペアはすでに我が家でモーションかけてましたのでペア確定で出したものでした。


咥卵して吐き出しているかもしれませんね。


遅いのもいるのでこれから見て出していく予定です。


9月生まれで小さいうちに出した子たちも順調なら稚児がいるかもですね。


3月産まれは愛知・大阪・東京


4月産まれは東京


この子たちはうまく育てていけば秋にはモーションをかける制御になるでしょう。


ペアが成立すればですが


オスはターコイズ色が頭から背中に腹は黒っぽくなっていき


メスは腹が少し膨らみ白っぽくなるようです



この写真で分かっていただけますか?


ここまでくるのに


これは8カ月ですがメスの確信できるのが早くても6カ月かかります。


そこから巻き付いて咥卵するのに何回かを経て・・となります。


初めは個体も小さいので咥卵が少ないようです。


また、タイミングが合わず受精しない時もあるようです。(あんた早いわね(笑))


一度経験があるのですが真っ白な丸いのが底にありメスが食卵してました。


良いオスは咥卵すると狭いところでジッとしてエサに振り向くこともなく


10日ほど過ごします。


吐き出したらオスは動き出しエサをむさぼります。


経験上どういうわけかひと月ぐらい親と同居の方が成長が早いようです。


2cmを超えると良いようですが


なかなか捕まえにくいのです。


受け取られた方の中に成魚に近い個体はエサ食いが悪い時があります。


経験がありひやひやしましたが一週間から10日もしたら食べるようになります。


とにかく一番の注意事項は隙間を埋めろです。


水合わせのビニールから飛び出されたことがあります


バケツに入れているときはバケツの淵から20cm以上空けて水面を維持したのに


飛び越えてバケツから30cm以上離れたころに着地したのを目の前で見ました。


水槽から水面まで10cmあるからとか安心していると★にしてしまいます。



暗いとこんな感じです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。