ワイルドベタ日記

ワイルドベタのベタsp“ターコイズドラゴン”(タンジュンセロール産)の飼育日記です。

その他のワイルドベタについて

インベリス ・ スマラグディナ ・ ベリカ ・ コッキーナ ・ シンプレックス ・ マンドール


①インベリス


原種ベタの代表で、泡巣と呼ばれる巣を作って産卵することが特徴。


ワイルドベタの中ではトップクラスの美しさを持ちメタリックブルーと真紅の組み合わせ


が大変美しく、ワイルドベタとしては丈夫で飼いやすく流通量も多いので比較的安価な種


類となる。


改良品種とは一味違う魅力を持ち、原種では人気の魚種。


大阪上本町に店舗を持つベタ専門店ベタショップフォーチュンさんのページから写真参照

オス


最近は下のような

改良種も出てきているようです。


分布域がかなり広く、幾つかの色彩変異が知られており地域によって色々な模様があるの


で、産地別にベタ・インベリスだけを集めて飼育を楽しむ方法もある。


繁殖が比較的容易なことも人気のひとつ。


比較的大人しい性格でオス同士の混泳も可能なことから「ピースフル・ベタ」とも呼ばれ


ていますが、繁殖可能なオスは普通に喧嘩をするので混泳は避けた方が賢明です。




スマラグディナ


産地によっては体色が青みがかっていたりグリーンだったりする。


「スマラグディナ」とはエメラルドという意味で、その体色を表している。


生息地では水田を生活の場としていることが多いため、流れのない環境を好む。


発色時の体色は茶っぽい色。


グリーンは反射系の色なので、光の当たり方、光の演色性によって見え方が多彩です。


光源が貧相だと、綺麗には見えないかもしれません。
 
インベリスとの見分け方は、 尾ビレの先端の赤の縁取りがない。


ショーベタの色を出すのに、交配に用いられたとも言われています。


スプレンデンスグループは交雑が可能。


グリーンダンサーというさらにヒレの長いスマラグディナの種もあるようだ。



ベリカ


体色は鮮やかなエメラルドグリーンで体型はやや細身だが、ベタの中では比較的大きめに


まで育ち、最大で10cm近くにまでなる。


弱酸性の軟水を好み、落ち着いた環境で飼育してあげると泡巣を作って産卵する姿も見ら


れる。




コッキーナ


わりと細身の体型に大きな斑紋があるのが特徴。


良好な環境で育てていくと赤い色彩が深くなりより美しくなる。


細身のタイプでは比較的流通量は多い魚種。


ベタsp“アピアピ”♂

ヘンドラー (スンガラン産)

ミニオピンナ (ビンタン島産)♂


ワイルドベタの中では、とても小さく、似た種類も多く、何種類も飼育する場合は水槽に


ラベルを貼っておかないと混乱してしまいそうになるほどの多様な種類です。


基本的には赤茶色の体にオスはメタリックブルーの大きなスポットが一つ入りますが同じ


産地でもスポットが入ってなかったりもします。


繁殖は水面まで生えた水草に小さな泡巣を作るタイプとなります。


若い個体であれば複数の混泳は可能ですが成熟期になると激しく喧嘩するので単独もしく


はペア飼育が基本となります。




シンプレックス


体色ははっきりとしたイエローで頬の部分にメタリックグリーンがある。


弱アルカリ性を好むベタの仲間では珍しいタイプ。



ファルクス(ピジョアン産)♂


産卵した卵をオスが口に含んで育てるマウスブルーダータイプ。


エラ蓋、尾ビレ、背ビレに鮮やかなブルーが印象的な美しいワイルドベタです。


成魚で8cmほどの大きさになります。


水質への適応力も高く、ベタの仲間としては温和な性格で繁殖も容易ですし、ワイルドベ


タとしては比較的、飼いやすい種類といえます。


ベタsp“ターコイズドラゴン”(タンジュンセロール産)について

ベタショップ フォーチュンから一部引用


 ボルネオ島北カリマンタン州のタンジュンセロール近郊で発見された ニュータイプの大型ワイルドベタ。


以前に紹介されたベタsp“アントゥタ”に似ていますが、 アントゥタは頭部にまでブルーが入らないのに比べ、

ベタsp“アントゥタ”


ベタsp“ターコイズドラゴン”(タンジュンセロール産)なんと頭部全体から体側にかけてメタリックブルーで覆われ、ギラギラした色彩を放ちます。

ベタsp“ターコイズドラゴン”(タンジュンセロール産)


大型の個体は10cmを超えてスネークヘッドを思わせるような風貌は迫力満点です。


現地では丘陵地帯を流れるクリアーウォーターの浅い小川に生息し、落下昆虫や川虫などを捕食しているらしい。


以前より海外では、ベタsp“アントゥタ”または別名ターコイズドラゴンとして、紹介したタイプと上部写真と下部写真のタイプ両方が紹介されていて両者は同じ種類の個体差だろうと思っていたらしいがベタショップ フォーチュン 石津オーナーがこの地方を探索した結果、頭部にメタリックが入らない個体は、アントゥタ地域に 生息しているものの、
頭部にメタリックが入る個体は、アントゥタ地域ではなく、別の地域に分布していることが判明しました。
そこで石津オーナーは従来のタイプを引き続きベタsp“アントゥタ”とし、新しいタイプをベタsp“ターコイズドラゴン”と命名したとのことです。



ベタ・ユニマクラータ(学名:Betta unimaculata)は、ベタの中では大型で約15cmのサイズになるベタです。近縁種には、マクロストマ(学名:Betta macrostoma)がいます。

マクロストマにも色々いるようです。


ベタ・ユニマクラータは雌雄でヒレの長さがが極端に違い、一見すれば判別できるとのこと。オスは明らかにヒレが大きく、ヒレにラインが入り、色彩的にもキレイ、メスのヒレはあまり大きくなく、色合いも地味です。マウスブリードにより、卵や仔魚を育てます。


ボルネオ島インドネシア領、赤道より僅かに南側を南北に蛇行して流れるマハカム川の下流の低湿地域、そこから伸びるベラヤン川、ベラヤン川水系のサンタカン川支流に生息しています。
飼育は容易とされていますが、繁殖は難しいとされています。


さて先ほどのベタ・マクロストマ(学名:Betta macrostoma)は、燃えるようなあざやかな赤色を発色に、ヒレには独特の美しい紋様がはいります。大きな口にはインパクトがあります。美しさ、飼育の難しさ、入手の困難さゆえにベタの最高峰と言われる種類です。


ベタの中では、サイズは11cmと、ベタの中では大きくなる種類です。
 水質に敏感なところがありますので、水質管理が必要です。
PH 5.6~中性、水温24-27℃が適正とされています。
ボルネオ島の北部ブルネイに生息しています。


今最高に赤い ベタ マクロストマ(サラワクローズレッド)が

ベタショップフォーチュンに売られていました。
最高峰と言われるだけありますねえ。

ベタに負けじと温泉へ

昨日の二度目が日を間違えて明日行くと書きましたが
明日に温泉に行きます。


さるびの というところ


歩くこともできないので、車いすのようなところに座り浸かれるのです。


完全予約制で個室です

家族風呂でもある
こういう温泉はネットで探したけれど無いようです。
源泉温度は35.0℃です。
 大きな浴槽は源泉をそのまま使用し、小さな浴槽は41.0℃まで加温していると思います。


泉質
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉


浴用
きりきず、やけど、慢性皮膚炎、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進


飲用
慢性消化器病、慢性便秘、糖尿病、痛風、肝臓病
ということです。
アトピーの子は週に一度浸かってすぐにではないけれどいつの間にか治ったと聞きます。


皮膚病にも効きます。


飲みたいのだけど
一般の浴槽にしかなく諦めています。


ベタの話でなくごめんなさい。