ワイルドベタ日記

ワイルドベタのベタsp“ターコイズドラゴン”(タンジュンセロール産)の飼育日記です。

ベタsp“ターコイズドラゴン”の稚魚?幼魚

何時頃産まれたのか、記憶は定かではないが


2匹の4㎝近くの幼魚がいる。



これは、ワイルドのメスとそのF1との子なのだ。


あまり見ることもなく育っているのだが、


もう少しすると存在感が目立つようになるだろう


奥に置いてあるため観察が不十分である。

オトシンの動きは面白い

昨日に続いて 水槽を眺めて魚たちの動きには飽きることがない


なんてわかってくれる人は少ないだろう。



これがホワイトバンパイヤオトシン4匹とオトシンネグロ10匹の水槽です。


モンローウォークのように動いたり


口元をチョコチョコ動かすさまは面白い光景である。




ホワイトバンパイヤオトシンは格好いいのだが高い


こればかりにしたかったのだが・・・・

オトシンを繁殖させたいなあ

ホワイトバンパイヤオトシンが4匹になり動きがない水槽になりました。


悔やむのははるきさんから譲っていただいたオトシンネグロは殆んど


ベタsp"ターコイズドラゴン"のエサになってしまった。


今なら別水槽にしていたと思います。


それでホワイトバンパイヤオトシンの水槽が寂しくてヤフオクでネグロオトシンを


10匹送料無料5000円で落としました。


賑やかになるかと浅はかな考えで水槽に入れました。


でもこの取引で驚いたことがありました。


それは仙台からでしたが


死着保証なし


翌日着くものと調べもせず待てど午前中着が来ない


ネットで見ると二日かかるとなっていて慌てて荷物の追跡をしたら


地域の郵便局に着いていたので引取りに行った。


驚いたことに段ボールにカイロを入れただけのゆうパックだった。


水は冷たく、カイロも冷たく、生体は動きが鈍く


明日だったら死着していただろうと思います。


出品者に何もいうことはありません。


勝手にこうして送るものと思い込んでいたのだ。


とにかくすぐに温め全て生きてくれたので良かった。


人それぞれ違うことを教えられた。




これがネグロを買うまでの水槽です。


明日賑やかな水槽を紹介します。