ワイルドベタ日記

ワイルドベタのベタsp“ターコイズドラゴン”(タンジュンセロール産)とデニスヨンギー(ムラボー産)の飼育日記です。

ベタsp“ターコイズドラゴン”4月9日見つけた稚児

昨日ヤフオクの取引が終わり落札者にも7日ほど終わった人からエサ食いが悪く


どのような管理をしていたかの問い合わせがあった。


環境に慣れるまで7日から10日かかる場合もあり


自信も購入後エサを変えたりひやひやしながら日々観察したものである。


エサに飛びついた時の感動は忘れられない。


問い合わせの方も少し食べるようになったと報告があったのでほっとしました。


ベタは強い品種でワイルドベタのこの品種はそうそう★にはならない。


と、いいながらジャンプが凄く何匹も水槽から飛び出し


朝方干からびてしまいました。


このぐらいの隙間大丈夫だと油断していたらの事である。


水槽のリセットをしていてバケツに個体を退避させていたら


30cmの高さを余裕で飛び越え土間に落ちていったのを見たことがあります。


気をつけましょう。




4月9日に見つけた、小さくて写真にも捉えにくかった稚児は



こんなになっていました。


奥にもプラケースがあるので分かりづらいのですが手前です。


奥に見えるのは3月25日に見つけた個体13mmぐらいはあります。


赤虫引っ張る個体です。


手前のは7mmないかもしれませんがよく分かります。


今までエサを指ですり潰してやってましたが


今日はメダカの稚児ようを与えてみました。


食べてますねえ


早く大きくなりますように



ふと、ベタsp“ターコイズドラゴン”の親水槽見てみたら何か稚児がいたような???


また?


オスは体を震わせメスにアピールしてるし


おいおい、続けてたら死ぬぞ、と思いながら


若いのかなあ?(笑)

デニスヨンギー(ムラボー産)の稚児発見

昨晩デニスヨンギー(ムラボー産)は隠れてばかりで鑑賞にもならないね


と家内に言われた。


確かにそうだ。



この通り何もいないような水槽


ここに7匹ほどデニスヨンギー(ムラボー産)がいる。


ヤフオクに全部出せば 安くてもいいやん


と言うことを話してたら


今朝から「えっ!」


1匹の稚児が


前面に泳いでいるのを発見


売られないように出てきたのか(笑)


そして夕方2匹同時に発見。


ヤフオクどころの話ではないです。

先日の蓮

ハスの植え替えを3月23日にして今の状況を報告します。


黄花蓮を3鉢 30cmサイズのビニールポットに


斯洛庫姆夫人を4鉢 30cmサイズのビニールポットに


植え替えて現在は



こんな感じです。


葉の茎が伸びてきています。


6月か7月には花芽が伸びてきて咲く予定です。



ベタsp“ターコイズドラゴン”(タンジュンセロール産)の幼魚13mmを先日ヤフオクに


そして再び出しました。



小さいけど元気です。